×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

がんは癌でも大腸がん

大腸がんというがん

大腸がんとは?原因 症状 治療 関連書籍などの紹介。

  

大腸(盲腸、結腸、直腸)に発生する癌腫であり、肛門管に発生するものを含めることもある。アメリカ合衆国では三番目に多い癌で、癌死の原因として二番目に多い。食生活の欧米化に伴い、日本でも欧米諸国に多い大腸がん、直腸がんが非常に増えています。そのため成人病、及ぴ老人病検診の中に大腸がん検診が導入されることになりました。

もし、あなたが探している情報がこのページに無かったら!!
グーグルで再度、下記のキーワードを使って検索してみてください。

大腸がん 症状
大腸がん 検査
大腸がん 検診
大腸がん 闘病記
大腸がん 転移
大腸がん 初期症状
大腸がん 手術
大腸がん 生存率
大腸がん 抗がん剤
大腸がん 治療

Google

スポンサード・リンク



大腸がんとは?

大腸癌は大腸ポリープ(polyp)より発生する。キノコの様な顕微鏡で観察すると通常は良性腫瘍である。現在は、ポリープ由来でない平坦な病変や陥凹性病変から進行大腸癌になることがあることも、明らかになっている。
がんが発生し始めの頃は、ほとんどが小さいポリープ状の形
(腸の中にできる隆起したもの)をしていますが、
だんだん進行していくと粘膜にとどまっていた“がん”が内壁から漿膜
(腸の一番外側の壁)へ、そして周囲の臓器(小腸、胃、膀胱など)へと
浸潤し、広がって行きます。この経過中に転移を起こします。
 大腸とは、右下腹部の小腸終末部から、肛門に至るまでの約1.5mの管腔の臓器です。肛門に近い約20cmを「直腸」、それ以外の部位を「結腸」と呼びます。右下腹部から結腸は上に行くので「上行結腸」、右上腹部から横に行くので、「横行結腸」、同様に左上腹部から左下腹部に至る部位をここから、直腸に至るまでの部位は、ため「S状結腸」と呼ばれています。そして 直腸 、肛門になります。
大腸癌とは、粘膜面に発生した悪性腫瘍です。

原因

大腸がんがわかる本 大腸の病気を治すお医者さん 大腸癌は消化管内面を覆いつくしている粘膜の上皮細胞の突然変異を原因とする。異常から発展するには要因が癌の原因であると突き止めることは出来ない。大腸癌による不幸な転帰を避けるためには、危険因子を突き止め、それらを改善し、また大腸癌を早期発見する必要がある。

症状

スポンサード・リンク

・排便習慣の変化(便秘、排便時の疼痛、便の太さが細くなる)
・血便
・説明の付かない体重減少
・貧血(anemia)あるいは疲労感、沈滞、病的蒼白
・腹痛、下腹部の膨満感

大腸がんの症状は、“がん”が発生する頃には全くありません。
ポリープ状になると、その表面から出血がおこりますが、ごくわずかなために、自覚症状はほとんどありません。

定期健診などで便の潜血(肉眼的にわからない出血)反応を調べて、
便の中に血液が混じっていることで
精密検査を受けてはじめて大腸がんが発見されることが多いようです。


治療

大腸癌は発生してから大きな腫瘤を形成するのに進行するのに数年はかかり、早期に発見できれば完全治癒の可能性が大きくなる。者は積極的に大腸癌検診を受けるべきであり、目的によりいくつかの異なった検査がおこなわれる。潜血反応が陽性であったり、自覚症状が場合、貧血などの異常が場合、その他の大腸癌のハイリスクの場合は、癌をはじめとする大腸疾患の確定のため大腸内視鏡検査が行われる。医師が、潤滑剤を付けた手袋をした指で直腸に異常がないか触診する。
病変を便がこするとわずかに出血し便に血液が混じる。この肉眼では微量の血液を検出する検査である。 大腸内視鏡(Colonoscopy)ライト付の柔軟な内視鏡で直腸から盲腸まで挿入し、病変を観察する。

大腸がん内視鏡検査がよくわかる本 宇宙を味方にする方程式

Copyright (C) 2006 All Rights Reserved.